「 すべての人に、自分らしい人生を。」



2019.11.23

プロとして自由に働きたい個人と、それらを積極的に取り入れ、

新しい価値を生み出す企業。そのサポートをしているのがWarisです。

 

「たおやか × 知的 × Free」というキーワードを設定し、

コーポレートイメージ刷新のお手伝いをしました。

 

のびのびとクリエイティブの海を泳がせてくれた 富田さん、

強い信念を持ち、社会課題に本気で取り組んでいるWarisの皆さん。

お会いするたび大好きになりました。

 

今回のリニューアルでは、いつかご一緒したいなと

願っていた山本由貴さんがモデルを。

仕事も暮らしも大切にしている生き方や透明感が、

Warisの新ビジョンにぴったり。

 

躍動感と光を感じるサイトに仕上がっています。

よかったら、ぜひPC版でご覧くださいね!

 

https://waris.co.jp

 

Creative Direction:富田 安則(LOCAL VENTURE ROOM

Art Direction / Logo Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Web:今村 一生(グライドアーツスタジオ

Photo吉森 慎之介

Model:山本 由貴

Client:株式会社Waris

 

「 Nostalgic Fantasy 」


2019.11.21

幼い頃は、胸が張り裂けるほどクリスマスが大好きだった。

年を重ねることでポジションは変わってゆくけれど、

今でも切なくしあわせな思い出が蘇る。

 

そんな背景をとじ込めた今年のテーマは、

ノスタルジック・ファンタジー。

 

─────────────

待ち遠しかった12月。

あの頃も今も〈特別な日〉は、

街も人も輝きに満ちている。

食卓にはキャンドルが灯り、

思い出の真ん中には、

ケーキと家族の笑顔があった。

聖なるクリスマスに

想いを込めて ─ 。

特別なクリスマスケーキを

ご用意いたしました。

素敵な一日となりますように。

─────────────

 

杉本さなえ さんコラボBOXのスフレチーズケーキと

サンケーキは全国配送もできます◎

 

https://www.akaifusen.com/item/brand/event

 

赤い風船のクリスマスケーキ2019

[ご予約期間]2019.12.10まで

[お渡し期間]2019.12.21 - 12.25

 

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)+ Assistant:廣山 鈴佳

Photo: 山中 慎太郎(Qsyum!)+ Assistant:hanna

Styling:中山 昌子(spiral sense)

Client:株式会社九十九島グループ

「 mio camino 」


2019.10.11

mio camino AMAKUSA - 上天草市観光交流拠点施設。

8日に落成式があり、私も建築を手掛けられた高木先生の一員として参加しました。

初めてたずさわった公共建築がついに巣立っていった。

 

シンボルマークは、一帯をとりまく交流の場をイメージ。

 

海側から見た建物と橋、吹き出しをモチーフにしました。

海に面し、風が吹き抜けるこの場所は

脳内が洗浄されるような気持ちよさ。

 

そんな印象をカタチにできたらと思いデザインしました。

 

今回は、オリジナルフォントの開発と、

館内のサインピクトも手がけることに。

 

たくさんの大切な出会いがあり、

経験することで初めて気づくことも。

そのすべてが勉強だった。

 

あす12日、いよいよオープン。

天草4号橋のふもと、リゾラテラスの隣です。

 

mio camino AMAKUSA  ミオ カミーノ 天草

熊本県上天草市松島町合津6215-17

www.kyusanko.co.jp/miocaminoamakusa

 

Architect:TTAA 株式会社高木達之建築設計事務所

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

「 赤い風船のブランディング 」



 2019.07.18

長崎佐世保の洋菓子店〈赤い風船〉。

フォンダンフロマージュの発売からちょうど1年。

 

リリースはこちらが先になったけれど、最初にご依頼いただいたのはロゴのリニューアルでした。

昨年末にほぼ完成していたものの、4月の記念菓子発売のタイミングに合わせて刷新。

 

この世界を一緒に作りあげてくれたのは、イラストレーターの杉本さなえさんとコピーライターのイナヅミセイコさん。

そして、いつも私たちの意見に耳を傾けてくださる九十九島グループ企画室のみなさまと一体となって取り組みました。

 

どこまでも、やさしくて。

どこまでも、あたたかい。

 

〈赤い風船〉の洋菓子づくりに

込めた思いは、シンプルです。

ひと口食べて、ほっとする。

にこにこと笑顔になる。

そんなやさしさや、ぬくもりのある

洋菓子をお届けしたい―。

〈赤い風船〉が誕生して、半世紀。

これまでも、これからも。

わたしたちの思いは、まっすぐです。

 

ふわふわと空に浮かぶ

風船のように。

皆さまに愛される洋菓子の世界を

お届けしてまいります。

 

これからも、さらに愛される洋菓子店となりますように。

改めて、50周年おめでとうございます。

 

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Illustration /  English Logotype:杉本 さなえ

Copywriting:イナヅミ セイコ(ineworks)

Client:株式会社九十九島グループ

「 ミモザの花 」


 2019.05.15

赤い風船50周年を記念して4/28に発売された″ミモザフルール″。

みなさんの想いがつまったお菓子をデザインしました。

 

売り場で商品が購入されていくのを陰からそっと見守って…。ドキドキ。

杉本さなえさんが手がけたミモザの少女、緊張しながらも堂々としてるように見えた。

 

ミルクチーズチョコレートがサンドされた、さくさくの黄色いラングドシャ。

ミルキーなクリームチーズチョコをカマンベールとマスカルポーネを

使用したサクッと軽い食感のチーズクッキーでサンドしました。

赤い風船らしい、優しいミルキーな味わいです。

 

商品名の ″ミモザフルール″ とは ″ミモザの花″ という意味。

黄みがかった焼き色が特徴のクッキーと、黄色い花のイメージを重ね、

ミモザの花言葉でもある「感謝」「思いやり」という意味を込め、

赤い風船 50周年にふさわしいお菓子に仕上げました。

 

佐世保と福岡の、赤い風船・直営店で先行販売しています。

手土産におみやげに、お立ち寄りいただけたらうれしいです!

よろしくお願いします。

 

取扱店舗

・マイング店(博多駅・福岡)

・松浦店(九十九島せんぺい本舗・佐世保)

・イオン大塔ショッピングセンター店(佐世保)

・させぼ五番街店(佐世保)

 

ONLINE SHOP

https://www.akaifusen.com/item/item844

「 福岡の新しいおみやげ 」


 2019.04.26

職人仕込みのバターチキンカレー。

カレー激戦区・福岡の中でも、いつも行列ができる

ダメヤ」 監修のカレーレトルトが発売されました!

 

ダメヤさんといえば、サブカルな雰囲気漂う

ちょっと文化系なカレー屋さん。

もちろん私も食べたことがあって大好きなお店。

 

今回の商品はお土産としての展開だったので、

サブカル要素もありつつ一般の方にも美味しそうと

感じてもらえるようなデザインを目指した。

 

一番の売りは、素材でもご当地でもない。

「ダメヤ」というブランド。

販売元の社長と、ああでもないこうでもないと

試行錯誤した甲斐あってしっくりくるデザインになったと思う。

イラストは社長ともお付き合いのあるモンドくん。

ニワトリと箱裏の外観、良い味を出しているのでチェックしてみてください。

  

商品はカレー大好きなやましんさんが撮影。

刷り出しの立ち会いにも二人で行ったり、

(C版が3%とか、K版が2%とか言い出す私たちに付き合ってくれた印刷会社さんにも感謝…)

箱の裏にある説明文は店主自ら執筆と、

一つ一つが妥協のない、実直な仕上がりになったと感じている。

 

お店で食べられるカレーとはまたひと味違う、芳醇かつしみじみした味わいのカレー。

福岡の今が感じられる新しいお土産に育ってくれたら嬉しいです。

 

取扱店舗(2019年7月5日現在)

博多

・博多阪急[地下グローサリー売り場]

JR博多駅[博多銘品蔵 博多駅口店 / 筑紫口店]

キャナルシティ[The 博多ギフトショップ]

 

天神

博多大丸[地下グローサリー売り場]

福岡三越[北野エース 福岡三越店]

博多パルコ[The天神ギフトショップ]

 

薬院

・ボンラパス 薬院六つ角店

 

六本松

・蔦屋 六本松店

・ボンラパス TREZO

 

高宮~福岡市南部

・ボンラパス 高宮店

・ボンラパス 花畑店

 

百道

・百道浜TNC会館[逸品百彩 ももち浜]

・シーホーク[博多銘品蔵 シーホーク店]

・ボンラパス 百道店

・MARK IS[ハローデイ 福岡ももち店]

 

北九州

・井筒屋 小倉駅店[小倉エキナカひまわりプラザ3F]

・井筒屋 北九州空港店[北九州空港

 

通販

880円(税込 950円)

https://kiyotoku.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=83

 

こだわり

工法・素材共にお店の製法にこだわり、

鶏肉は国産、エキス類は使用せずに一から

鶏のスープをとり、バターは純然たるバターを、

生クリームは100%生乳のものを、

スパイスはダメヤ店主自らの調配合でと、

通常のレトルトカレーでは考えられないような

手のかかる工程を経ることにより、

やっと実現化した一品です。

もちろん化学調味料や着色料は使用しておりません。

決してお安くはないお値段だとは思いますが、

それだけの価値のある商品だと自負しております。

「 yuka takayama atelier OPEN 」


 

2019.03.04

2019年3月3日、桃の節句。

満を持して、高山由佳さんのアトリエがOPEN。

 

私もこの一生に一度の大切な日を見届けたく、福岡から駆けつけた。 

なにかのデビューの日は、いつも一緒に過ごして来たけれど

この日のゆかさんは、たくましくキラキラかがやいてた。

 

何度も大変なことはあったけれど、夢に描いていたこの日を迎え、

羽ばたいてゆくのだなぁと胸がいっぱいになった。

 

いろんな幸せやよろこびが、ゆかさんの意志で、ここから

生まれることを願って。

 

これからここは、月に数回OPENするパンとお菓子のショップとして、

また料理会なども開かれるそう。

 

お知らせはinstagramで更新されるそうなので、チェックしてみてくださいね。

instagram:yuka_takayama_atelier

 

[ 2019.3.3 atelier OPEN ]

yuka takayama atelier

Add. 熊本市東区戸島西1-14-32┆戸島西バス停 徒歩6分

Open. 不定期┆予約制


「 BENCA 」


2019.02.18

″あなたの暮らしを美しく″

というコンセプトを掲げているBENCA(ベンカ)。

福岡県大川で一つひとつ職人さんの手仕事によってつくられている、上質な家具ブランドです。

 

デビューから5年。

この度、イメージビジュアルとウェブサイトがリニューアルされました。

 

撮影は12月はじめ。

ショールーム以外にも、施設をお借りしての現場だったので家具の運び込みが大変…。

と思っていたけど、みなさん軽々と。とても手際のよい引越し屋さんを見てるようでした。

一時は雨に見舞われたりもしたけれど、大事なシーンでは晴れてくれて本当に恵まれていた。

 

これから全国のインテリアショップなどに置かれる予定なので、もしも巡りあったときは触れてみてくださいね。

 

www.benca.jp

 

Direction : ミキナオコ

Design : 濱田佳世

Image photo:穴見春樹

Coding Director : Yin Yonggang

Model : ヴォジアン花凛

Hair Make:FUGEE

 

Client:立野木材工芸株式会社


「 年始・カレー撮影 」

2019.01.25

最近はブランディングやパッケージのお仕事が増えてきたので、撮影ディレクションをする機会が増えた。

もともと写真が好きなので、これもまた楽しいお仕事。

 

今年最初の撮影は、カレー。

カット数が少なかったことと、キッチンが必要だ事務所で行いました。

 

私はトッピングするものを調理したり、盛り付けたり。

今回の砦と想定していた、カレーの流れ具合は一発でうまくいったものの、半熟卵に大苦戦。

断面の美しさとか、卵のかたちとか、固まる寸前の黄身具合…。

納得いくものができるまで、用意していた卵を使い果たしてしまいました。

 

朝からスタートして、ちょうどお昼どきに撮影は終了。

 

こちらのレトルトカレーが店頭に並ぶのは春くらいになりそうです。

 どうぞおたのしみに。

「 掲載|好きをカタチに 個性が光るイラストレーターズファイル〈PIE INTERNATIONAL〉 」


 

2018.07.31

「好きをカタチに 個性が光るイラストレーターズファイル」に、

なちゅみロゴマークのキャラクターを手がけてくださった yamyam さんが

見開きで載っています。

 

PIE INTERNATIONAL[ 2018/06/11 ]

好きをカタチに 個性が光るイラストレーターズファイル

 

昔からイラストレーターズファイル系の書籍は好きで、よく目を通しています。

トレンドを把握したり、いろんなテイストのものに触れられるのが新鮮で勉強にもなります。

 

もともと大好きだったyamyamさんのページに、屋号が活字になっているのは不思議な感覚。

イラストレーションを用いたデザインの傾向や展開も興味深かったです。

 

書店で見かけられたら、ぜひお手にとってみてくださいね。

 

「 赤い風船のお仕事 」


 

2018.07.18

チーズケーキが人気の〈赤い風船〉は、

長崎佐世保・福岡でおなじみの洋菓子店。

 

本日7/18にリニューアルした〈フォンダンフロマージュ〉 と〈苺フォンダンフロマージュ〉、

新発売の〈八女抹茶カスタードケーキ〉 の パッケージラベル・リーフレット・POPをデザインさせていただきました。

 

素朴でやさしい味わいのお菓子に似合うイメージ構築を、クライアントと制作チームが一体となり取りくみました。

 

私にとって、お菓子・おみやげは特に関心が高く、憧れのお仕事。

思い入れもひとしおです。

 

さて、今回世界観をつくりあげる要ともいえるスタイリングは、spiral senseのまさこさんに。

普段はアナウンサーのファッションコーディネートをメインにお仕事をなさっています。

好きなものが似ていたことや、いつも本質をとらえている方だなと感じていたのでお願いしました。

 

撮影はシェアメンバーでもある、クシュンのやましんさんに。

作家性もありつつ広告のお仕事を多くされていたので「かわいく」しかも「美味しそうに」

シャープだけど、フィルムっぽさを感じる絶妙なテイストで撮って欲しかったのでお願いしました。

 

コピーライティングは、熊本時代からお世話になっているineworksせいこさん。

つねに当事者のような感覚で深く考え、あたたかい文章で仕上げてくれます。

早くて上手、私にとって何も説明がいらないライターさんです。

 

だけど何よりもクライアントさんの「商品をより良くしたい」という強い想いがあってこそ。

その気持ちにこたえようと、それぞれの持ち場をやりぬきました。

 

博多駅構内のマイングをはじめとする直営店にてご購入いただけます。

ティータイムにお土産に、赤い風船をどうぞご贔屓に。

多くの方に、お届けできたらうれしく思います。よろしくお願いいたします。

 

赤い風船 マイング博多駅店

福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多駅マイング1F

TEL┊092-411-8326

OPEN┊9:00 - 21:00

CLOSE┊無休

 

 

Art Direction / Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)

Photo:山中 慎太郎(Qsyum!)+ Assistant:hanna

Styling:中山 昌子(spiral sense)

Copywriting:稲積清子(ineworks)

Client:株式会社九十九島グループ

 

2018年11月、赤い風船はおかげさまで50周年を迎えます。

これまで看板商品として、皆さまに親しまれたきたチーズケーキ〈フォンダンフロマージュ〉。

そのおいしさをもっと追求したい、と50周年の節目に完成したのは、″ふわとろ、リッチ″ が自慢の進化版チーズケーキです。

赤い風船が自信をもってお届けする〈フォンダンフロマージュ〉と〈苺フォンダンフロマージュ〉。

2つの味をどうぞお楽しみください。

2018年7月18日より、赤い風船直営全店で先行発売いたします。

 

www.akaifusen.com

 


「 撮影とスタイリング 」


 

2018.07.11

先月、お菓子のイメージ撮影のディレクションをしました。

2枚目ともスタイリストさんのアトリエでの風景。

 

今回はじめてご一緒したスタイリストさんは、

福岡で出会った友人、spiral senseのまさこさん。

世界観のすり合わせ、商品の試食、実際のシミュレーションを何度か行い、

メインの器と布まで決まったら、あとはお任せ。

 

カメラマンさんはlitraシェアメンバーのやましんさんに。

イメージするトーンを、本や言葉で伝えました。

デザインのラフと大まかな構図、細かな要望のあるカットは予め資料を準備して。

 

担当者さん達のご協力のおかげで、撮影は順調に進みました。

不安定なお天気の中、テーブルの持ち運びなど大変お世話になりました。

商品は1週間後にリリース予定です。どうぞおたのしみに…!


この日のお弁当は「soundsfood soundsgood」さんにお願いしました。

野菜にお肉に満足感のあるお弁当!かわいくて美味しかったです。

 

「 Re;li[リ;リ] WEBサイトOPEN 」


2018.07.04

Re;li[リ;リ]web siteが、7/1 にリニューアルいたしました。

 

衣食住を大切にした 熊本のセレクトショップ、4pieceのみなさん、

そしてその先のお客さまに喜んでいただきたい一心で

5iveチームとともに構築しました。

 

www.reli-shop.com

 

ディレクター・まゆみさんの文学的な言葉や、

穴見さんの写真とRe;liの世界観を

ぜひ、ご覧いただきたいです。

 

今回はOnline Shopもあわせてのフルリニューアル。

スマートフォンにも対応しています。

引き続き、姉妹店 PEOPLE のリニューアルに向けて駆け抜けます。

 

Art Direction / Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)+ 木村尚史(5ive)

Technical Direction:下村晋一(5ive)

HTML Coding / System:吉嵜調(5ive)

Client:4piece Design co..ltd.

ハタノ綜合印刷 - ぽち袋


Creative Direction:佐藤かつあき(かつあきデザイン

Art Direction / Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)

Illsutration:oshow

Photo:佐藤かつあき(かつあきデザイン

Client:ハタノ綜合印刷

 

Dua - POP UP SHOP ポスター

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Illustration : 杉本さなえ

Client:株式会社Dua

 

aigamon club - カード


Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Illustration:杉本さなえ

Photo:大塚淑子

Copyrighting / Foodstyling:市原奈穂子

Client:aigamon club

「 morning after cutting my hairのサイト 」

2018.04.12

ロゴにつづき、「ソーシャルイシューにLOVEで挑む会社」morning after cutting my hair のWEBサイトが完成!

 

代表の美咲ちゃんは、先日フランスのSparknews「世界を代表する女性起業家22人」に選ばれグランプリを獲得しました!

柔らかな雰囲気からは想像できないくらいパワフルな女の子。

コピーライティングは相方の須瑞化ちゃん作。いつも文章がいきいきしてて人を惹き込む表現力をもっているなぁと尊敬。

 

そんな大好きな二人のオフィシャルサイト。

軽やかさとピュアな雰囲気の中に、スピード感あるデザインを意識しました。

 

かつあきさんディレクションのもとオール熊本ロケ、シーンごとにメイクと衣装を変えて、みんな大好き穴見さんが撮影。

そして仕上げは5iveチーム新人の中島彩ちゃんとエンジニアの下村さんが美しく魔法をかけてくれました。

かわいく動くから見て欲しいです。ぜひ!

 

http://macmh-inc.com

 

Creative Direction:佐藤かつあき(かつあきデザイン)

Art Direction / Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)

Technical Direction:下村晋一(5ive)

HTML Coding / System:中島彩(5ive)

Photo:穴見春樹(atelier graine)

Stylist:田中美咲・中西須瑞化

Copywriting:中西須瑞化

Client:株式会社 morning after cutting my hair

 

note

髪を切った次の日の朝

鏡を見ると、見慣れないわたしがそこにいた。

 

うまれかわるなんて大げさなことじゃなく

それでも確かに変わったわたしの

あたらしくて、かわらない、そんな1日が今から始まる。

今日はほんの少しだけ、視界がひろい。

今日はいつもより少し、風の心地が軽やかだ。

人混みの中のつま先から数センチ顔を上げて

扱い慣れない毛先に指先で触れながら

期待と不安と、ちいさな希望を抱いて今日をゆく。

それは、誰にも気づかれない小さな変化かもしれない。

それでもわたしたちは、あなたのその小さな勇気に

「素敵だね」と声をかけ続けていくことを忘れないでいたい。

変わらない想いを抱いて、

人は、まだまだ、ずっと変われる。

 

株式会社morning after cutting my hair

 

「 trippen KUMAMOTO / New Open! 」


2018.03.10

本日ドイツのレザーシューズブランド ″ trippen KUMAMOTO ″ が上乃裏通りにOPEN。

みずうみデザイン室は、福岡のシェアメンバー5iveさんとBLOGサイトを構築しました。

(頼もしい皆さんにまかせていたら、あっという間にできあがりました)

 

trippen-kumamoto.com

 

昨日、ひと足お先に店内を覗かせていただきましたが、素敵なラインナップと内装です。

今年で25周年というtrippenの節目に関われたことを、心からうれしく思います。

個性的で高いデザイン性かつ、人間工学に基づいた快適な履き心地。

ぜひぜひ、SHOPに遊びに行ってみてくださいね。

よろしくお願いいたします!

──────────────────

trippen KUMAMOTO

2018.3.10 NEW OPEN

──────────────────

熊本市中央区上通町9-14 田上ビル1F

TEL┊096-228-8399

OPEN┊12:00 - 20:00

CLOSE┊木曜

 

instagram ┊@trippen_kumamoto

 

Photo:trippen KUMAMOTO

 

OPENおめでとうございます。

大好きなtrippenが九州にできてうれしい!

「 世の中にもっと、恋をしたくて。」


2018.02.17

世の中にもっと、恋をしたくて。

 

〈 防災ガール 〉でおなじみ、社会起業家の田中美咲ちゃん

中西須瑞化ちゃんが会社を立ち上げました。

────────────────────────

会社名は「morning after cutting my hair」

髪を切った次の日の朝、なんだかわくわくして、

胸がキュッと締め付けられるような、

世界や社会にとってはほんの小さな変化かもしれないけれど

自分や自分の周りにとってはとても大きな変化であるように。

────────────────────────

 

彼女たちがこれまでやってきたことを活かしながら、

「感動と共感で世の中を変えたい」という熱い想いを

応援してゆきたいと思います。

 

オール熊本ロケ、いろんな光のシチュエーションで撮影されました。

私も朝から晩まで撮影に同行しました。

クリエイティブディレクターの佐藤かつあきさんと

ご一緒でき、こんなにもチャーミングで聡明な若き

二人に出会えたこと。

穴見さんの写真は頂点を超えて、新しい世界を見せてくれました。

笑いが絶えない、部活動みたいな一日でした。

 

ロゴは、ハッピーだけどスピード感もあり、コンセプトに

掲げられている感覚を汲み取ったデザインに。

かつあきさんに

「ナイーブ過ぎず、力強さも感じられる、ドンピシャなロゴ」と評してもらい、

おふたりにも最高の提案をしてもらったと喜んでもらえてホッとしました。

 

これからが本当に楽しみです! 応援よろしくお願いします。

 

https://www.facebook.com/morningaftercuttingmyhair

Facebookページで動画もupされてるので、ぜひご覧くださいね。衣装・ヘアメイクとも、お二人のセルフプロデュースです。

 

C+D:佐藤 かつあき(かつあきデザイン

AD+D:濵田 佳世(みずうみデザイン室)

PH:穴見 春樹(graine

Cliant:株式会社 morning after cutting my hair

 

カメラマンは最高の一枚のために、いつも命がけ。

「 うたを灯してLIVEのMOVIE 」

あの日の記憶を、あなみさんがMOVIEに残してくれました。

真冬の凍った空気をとかしてくれそうな、あたたかい音楽です。

LIVEに行かれた方も、そうでない方も、ぜひご覧くださいね。

 

うたを灯してLIVE:坂本美雨 with CANTUS feat. FOLKLORE「in aquascape」

 

Repost , haruki anami

坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE が

2017年12月2日熊本白川教会で行ったライブ「うたを灯して」

この公演は、CANTUSのリーダー太田美帆さんが主催し、

熊本に縁の深いメンバーが一丸となって1年がかりで作り上げた特別な演奏会でした。

大人も子供も、皆が白川教会の下、音楽に耳を傾け

会場が一つに結ばれたような、そんな素敵な時間でした。

本編の最後、坂本美雨さんの歌う「in aquascape」に

感極まり、太田美帆さんのすすり泣きが入っていますが、

敢えて消さずに、あの日の光景をそのまま残しておきます。

 

◎出演

坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE

support 千葉広樹(contrabass)

 

「in aquascape」

作曲  坂本龍一

作詞  坂本美雨

編曲  haruka nakamura

撮影  穴見春樹

「 無添加なちゅみがmakiiに 」


2018. 02. 01

開発からたずさわっている、無添加にこだわった肉加工品シリーズ・なちゅみ。

熊本で育てられた豚と、天草の釜炊き塩、水俣の黒糖とオーガニックスパイスだけで出来たソーセージやハム。

 

来月から福岡のオーガニックスーパーmakii に並ぶことになりました。

2/9 のリニューアルオープン記念イベント〈大試食・試飲会〉にも参加します。

2/11 までの3日間は店内オープニングセールも開催されるそう。

大好きなmakiiが取り扱い店 第1号になれたこと、心からうれしいです。

福岡のみなさま、どうぞご贔屓に。よろしくおねがいします。

 

2/9 (金) 9:00 - 17:00 頃まで

m a k i i ┊マキイ山荘通り店

福岡市中央区平尾5-19-1

https://www.makii.com/fair-14

 

「 きょうはRottiの誕生日 」


2018.01.20

寒さもゆるみ、春のような陽射しの朝。

アミュプラザ博多に Rotti が誕生しました。

 

みずうみデザイン室はグラフィックツール一式を制作しています。

今日は閉館後、ショーウィンドウのサインを確認しに立ち会いへ。

オーナーのみゆきさんにより、かわいい空間が瞬く間に完成しました◎

 

ショーウィンドウは、AMU前のファミマから阪急に抜けた突き当り右手のコーナーにあります。(2/2 fri まで)

 

Rottiは、世界のアクセサリーパーツやリボンがたくさん揃った宝石箱みたいなお店です。

博多にお越しの際はAMU8Fへ、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

──────────────────

小さな手芸店 Rotti ┆ ロッティ

福岡市博多区博多駅中央街1-1

アミュプラザ博多8F

OPEN 10:00 - 21:00 年中無休

www.instagram.com/rotti_fukuoka

 

「 2017年のおわりに 」


2017.12.31

2017年は特別な一年でした。

福岡のシェアオフィスlitraに移動し、熊本デザイン専門学校での講師業がスタート。

ロゴやパッケージ、WEB以外にも、いろんなイベントサポートや空間ディレクションのお仕事も増えました。

すてきな出会いもたくさん。力をそそいだことが、また次に繋がって。

 

友人、仲間、クライアントさん、そして夫や家族。

この一年、本当にありがとう。来年もどうぞよろしくお願いします。

心身ともに健やかに。よき年の瀬をお過ごしくださいね。

 

みずうみデザイン室 濵田佳世

 

*年始は1月4日からとなります。来年もよろしくお願いいたします。

 


2017 WORKS

 

atelier hailu ショップカード

Ouest-H ショップカード

Holiday Let’s KUMAMOTO サンクスカード

 

Holiday × 阿蘇 おでかけ手帖 パンフレット

NACHUMI パンフレット

 

kiccanail WEBサイト

kobaco ECサイト

 

teaque hair atelier パッケージデザイン

chanowa シーズンギフトBOXデザイン

風流 パッケージデザイン

kobaco パッケージディレクション

 

Holiday Let’s KUMAMOTO ロゴマーク

フィールドワークス知的資産経営研究所 ロゴマーク

ENDELEA COFFEE ロゴマーク・アプリケーションツール

kobaco ロゴマーク

BLASS ロゴマーク

tsumugu ロゴマーク

 

NACHUMI 展示会 空間デザイン

坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE フライヤー・PR

 

風流 コンフィチュール ラベル

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Client:風流ブルーベリーファーム

「 うたを灯して 」

2017.12.3

† 2017.Dec.2

凛とした青空がひろがる土曜日。

夕暮れから陽がしずむ頃、

静かにうたが灯された。

 

坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE

〈うたを灯して〉熊本公演が無事に終わりました。

 

どこまでも透明で余韻があり、

包みこむような美雨さんの歌声と、

美しく重なりあうCANTUSのコーラス。

FOLKLOREと内田さんの演奏は、

どこか孤独でおとぎ話のよう。

 

生音に触れるといつも心が震えるけれど、

美雨さん・CANTUS・FOLKLOREの

奏でる音楽は、また特別だった。

光や温度、冬の匂いが、うたとともに記憶と

結びついたこの一日は大切な宝物に。

 

かかわってくれた、すべての人に深い感謝と、

この思い出を分かち合えるよろこびと。

夢のような時間に、心からありがとう。

 

Photo, Movie : 穴見 春樹


Photo, Movie : ©haruki anami 写真のコピー・転載・転用を禁じます

「 無添加なちゅみ・食の展示商談会 」


2017.11.11

商品開発からたずさわっているソーセージシリーズ、無添加なちゅみ
11月8日・9日の2日間、初めて〈九州 食の展示商談会 in くまもと / グランメッセ 〉に出展しました。

 

このイベントに向けて、夏頃から少しずつ進めてきた空間デザインとリーフレットやポスター。

みんなで熟考してきただけあり、当日は各方面の方から好評で、私もほっとひと安心。

 ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

 

商品と市場をつなげる道づくり。

デザインの本質に触れられたようで、わくわくした2日間でした。

私はやっぱりこの仕事が心の底から好きだと改めて。

全国のデパートやスーパーに商品が並ぶことを夢みて、またがんばります。

 

「 うたを灯してのご案内 」


2017.10.23

12月に熊本でおこなわれる坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE〈うたを灯して〉のコンサートフライヤーができました。

すてきなビジュアルは、みんな大好きgraineあなみさん。

震災以降、音楽を通して応援がしたいと開催を願い、準備がすすめられてきた今回のイベント。

聖歌隊のCANTUS、アルバムのプロデューサーでもあるharuka nakamuraさん率いるFOLKLOREとともに美しい一日になりますように。

 

チケットの詳細は「坂本美雨 白川教会」でも検索できます◎

https://t.livepocket.jp/e/20171202_miucantus_kumamoto

 

12月2日、ご都合あいましたらぜひご一緒しましょう。

*チケットは完売しました。ありがとうございました。(2017.11.27)

 

--------

 

坂本美雨 with CANTUS feat.FOLKLORE

support 千葉広樹(contrabass)

 

◎日程

2017年12月2日(土)

【開場】15:00〜 マルシェ同時開催

【演奏】16:30〜18:30

 

◎会場

熊本白川教会

〒862-0976 熊本市中央区九品寺2丁目2-44

http://sirakawakyokai.com

*白川教会へのお問い合わせは、ご遠慮ください。

 

◎料金

前売り 4,000円 / 当日 4,500円 / 小学生以下無料

 

*小学生以下は無料です。お申し込みの際に、お知らせください。

*会場内にプレイルームもございます。お子様連れの方もぜひお越しください。

 

「 装飾古墳のイラストレーション 」


2017.09.30

とてもしぶい考古学の本に、熊本デザインプロジェクトで描きおこした動物の古墳イラストレーションが使用されました。

表紙裏の馬と扉ページの動物は人吉にある、大村横穴古墳に描かれていた動物です。

岩肌のような質感の装丁デザインと表紙は、ペドロ山下さん。

いつも穏やかでデザインや絵の話になるときらきらした少年のようになる先生です。

この馬の絵を描くときも、たくさんご指導いただきました。

熊本県立装飾古墳館の元館長である木崎先生、出版おめでとうございます。

 

「肥後と球磨 その原史世界に魅せられし人々」

著者/木崎 康弘

装丁デザイン:ペドロ山下

装画:井寺古墳の直弧文/ペドロ 山下

大村横穴古墳の馬と動物/濱田 佳世

 

「 ENDELEA COFFEEのこと 」


2017.07.29

熊本県八代市にある自家焙煎の珈琲屋さん、ENDELEA COFFEEのロゴマークとショップカードをデザインしました。

ENDELEA[ エンデレア ]とは、スワヒリ語で[ 進化する / つづく ]という意味です。

 

“ 音楽と珈琲のあるかっこいい空間。

だけど敷居の高い雰囲気ではなく、抜け感があり地元の方にも愛されるお店でありたい。

そして一人でも多くの人に珈琲の魅力を伝えたい。”

 

そんなオーナーの想いを、シャープさと愛くるしさが同居したようなイメージで、マークは、頭が珈琲豆に進化してしまったヒトをデザインしました。

いつも珈琲のことで一日中あたまを巡らせているオーナーの宮崎さん。珈琲のことを話すときは、目が輝いています。

 

お店にはイートインスペースも。

〈コーヒーゼリーDRINK〉や、オリジナルの〈濃縮カフェオレ・ベース〉もスタートしました。

これからきっと、八代の灯火のような場所になるんだろうな。

 

お近くに行かれた際にはぜひ、お立ち寄りくださいね。どうぞご贔屓に。

 

──────────────────

ENDELEA COFFEE

〒866-0875 熊本県八代市横手新町18-1 

Open 10:00 - 18:00

Close Sunday

www.facebook.com/endeleacoffee

「 種と野菜とくらすこと、に参加して 」


2015.07.13

7/8 くらすことギャラリーさんでのイベント「種と野菜とくらすこと」が無事終了しました。

会場にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

ゆかさんが抱えて持ってきた焼き菓子とパンは260点ほど。圧倒される量に驚きました。

(実は参加の数日前にオーブンが不調になり、これでも予定よりは少なかったそう…!)

 

もともとは、以前いただいたときに美味しかったからと、藤田さんから直接ゆかさんにお声がけがあったことがはじまり。

その際、トークイベントまで商品を切らさないようたくさんご用意したいから、ディスプレイと販売を手伝ってもらえないかとお誘いを受け、私もはりきって参加しました。

トークイベントでの古来種野菜についてのディスカッションは興味深かったし、現場を感じるということが勉強にもなりました。

机でデザインしているだけでは出来ない経験です。こんな機会を与えてくれたゆかさんに感謝。

 

今回企画してくださったオーガニックベース 奥津さんご夫妻、warmerwarmer 高橋さん(試食のシンプルな料理も美味しかったです!)、くらすこと代表の藤田さん。

出展者のcondateさん、深草さん、美味しい野菜を取り扱われている金子商店さん。

そして細やかな気配りでサポートし、搬入から搬出までお手伝いくださった、くらすことスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 

当日の様子はこちら

http://www.chanowa.net/blog/2017/07/10/100532

「 KiccA nail のサイト 」


2017.05.30

5月28日新月の夜に、熊本市の湖のそばにある KiccA nail さんのサイトを公開しました。

 

短い爪にも似合うシンプルでカジュアルなデザイン、爪への負担を最小限におさえた丁寧なお手入れが魅力のプライベートサロン。

私も月に一度のケアと、オーナーのももさんとお話がしたくて通っている大好きな場所です。

プロ意識の高さはもちろん、情にあつく明るいお人柄も人気の一つなのだろうな。

 

今から一年以上前の冬に、ロゴマークとホームページを作りたいというご相談をうけました。

同時進行ですすめていく中、上通の事務所でロゴマークの打ち合わせをした、その夜に前震がありました。

なんとか落ち着いた頃に再開し、モデル探し・ロケーションの検討・どんなカットがどのくらい必要か話し合いを重ね、やっと迎えた7月の撮影日。

よすぎるくらいのお天気に恵まれ、とても暑かったけれど、みな終始ごきげんで過ごしたことを思い出します。

ロゴマークは「デザインノート」と「地域の注目のデザイナーたち」という書籍にも掲載されました。

 

写真はgraine 穴見春樹さん、コピーはineworks 稲積清子さん、モデルはNAOさん、お花はhymy.のナルミさんがご用意してくださいました。

今回はすべてフィルムで撮影されています。

初夏のきらめきを感じさせるサイト、ご覧いただけるとうれしいです。

 

KiccA nail  キッカネイル

www.kiccakicca.com

 

Art Direction / Design / Logo:mizuumi design

Photo : graine

Copywrigting : ineworks

Client:KiccA nail

「 me & you のこと 」


2017.04.02

一年前の震災後、すぐに動きはじめた “ me & you ”。

oval 杉村さんの呼びかけによる6人が缶バッチをデザインしました。

子どもや大人が気軽に身に着けられて、でも熊本らしさも少し欲しい。

こんなやりとりの中で、まだ水も出ず、強い余震の中で仕上がったものたち。

 

この絵柄とマシンを持って県内の幼稚園や小学校をまわり、子ども達に缶バッチを2つ作ってもらうというプロジェクトです。

1つは子どもにあげて、1つは販売。売り上げは全て寄付されました。

その活動も先月でいったん終わったとのこと。(感謝、おつかれさまでした)

4月、熊本はまだまだ復興の途中。

今年はみんなが少しでも春を感じていけたらいいなと思います。

can badge design:吉本清隆 , 佐藤かつあき , 杉村武則 , Junaida , 濱田佳世 , 松永健志

「 掲載|進化する!地域の注目デザイナーたち〈PIE INTERNATIONAL〉 」


 

2017.02.21

「進化する!地域の注目デザイナーたち」に、みずうみデザイン室も掲載していただきました。

近年手がけたロゴマークからパッケージまでご紹介いただいてます。

掲載にご協力くださったクライアントの皆さま、心より御礼申し上げます。

 

PIE INTERNATIONAL[ 2017/02/12 ]

進化する!地域の注目デザイナーたち

 

表紙デザインは長崎のデジマグラフさん。

2013年発行の同シリーズ「地域を熱くする! 注目のデザイナーたち」の表紙もデジマグラフさんだったとか。

見比べると、同じモチーフだけど全く違う表現になっていて面白い◎(確かに進化している…)

これからも一つ一つじっくり向き合って、本質にフィットするものを残してゆきたいです。

 

エリア別・120名ほどの中で、みずうみデザイン室は一番最後のページに載ってます。

書店でお手にとっていただけるとうれしいです。

 

-----

 

みずうみデザイン室は、熊本市と福岡市の2拠点で活動をするデザイン事務所です。

デザインにおいては、人・サービス・背景をよく分析し、正しく機能するよう心がけて設計しています。

デザインという名をした、はじまりの一滴がいずれ大きな海になるように。

そんな繋がり広がってゆくようなデザインを、これからも目指してゆきます。

 

「 掲載|デザインノート No.70 日本全国のロゴ&マーク。〈誠文堂新光社〉 」


 

2016.11.26

デザインノート70号「日本全国のロゴ&マーク」に、

みずうみデザイン室も掲載していただきました。

昔から読んでいるデザイン専門誌のひとつです。

 

JAGDA総会でお会いしたことのある方もぽつぽつと。

全国のロゴを俯瞰して見られる感じがおもしろいです。

どうぞ書店で手にとってご覧くださいね。

 

誠文堂新光社[ 2016/11/26 ]

デザインノート No.70 日本全国のロゴ&マーク。 

 

-----

 

ロゴづくりは、お洋服を仕立てることと

似ているように感じるときがあります。

その人自身が身にまとっていて誇らしくなるような、

第3者からもとびきり似合って見える最高の1着を。

人・サービス・背景をよく分析し、

正しく機能するよう心がけて設計しています。

 

みずうみデザイン室

「 みふねという小さなお米 」


 

2016.11.10

「熊本地震で甚大な被害を受けた御船町。

 この町の多くの米農家も被災しました。

 米づくりを諦めざるを得なかった田んぼもたくさんありました。

 そんな中で、ようやく迎えた実りの秋。

 地震のあと、はじめて収穫されたお米には、特別な思いがつまっています。

 この思いをたくさんの人たちに届けるために、障がい者によるプロジェクトが立ち上がりました。

 御船町の復興のためにできることはないか…。

 自分たちで考え、できあがった四角い小さなお米 "みふね"。

 この"みふね"をみなさまにお届けすることで、いただいたお気持ちの一部を御船町に届けます。」

 

1年前からたずさわっている "しあわせドロップpeoject"。

今回、はじめて商品パッケージとして印刷までしあがりました。

プロデュースはフィールドワークスさん、コピーライティングはineworksさん、

デザインのアドバイスをペドロ山下先生にいただきました。

 

手のひらから手のひらへ。

この四角い小さなお米が、たくさんの人に届けられますように。

「 最近のお仕事 」


 

2015.08.03

今月は2件のお仕事のお知らせです。

ひとつは8月1日に公開したchanowa髙山由佳さんのオンラインショップ。

 

県外の友人へのおみやげにすると、必ずというほどネットで買いたいと言われるお菓子。

一人で丁寧につくっているので期間限定・数量限定ですが、やっと買えるようになりました。

いつも一生懸命で、人にもモノにも誠実なゆかさん。

どうぞ多くの方に手にとっていただけますように。

http://www.chanowa.net

Instagram

 

もうひとつは「UNITED MARKET IN KUMAMOTO 甲佐蚤の市 vol.4」のフライヤー。

2016.10.1.sat - 10.2.sun

九州の真ん中が、宝ものと美味しいもので包まれる2日間。

 

熊本県甲佐町は、緯度経度的に真の九州のオヘソだそう。

そんな甲佐町に「アンティーキング」と「護国神社蚤の市」もやって来ます。

敢えて何もうたってないけれど、震災被害の大きかった甲佐町を福岡の2つの

グループが、応援の意味もあって来てくれることになったそうです。

九州最大のアンティークイベントになりそうで、私も今からワクワクしています。

 

甲佐蚤の市会場は、10.2.sun のみ開催。

子どもから大人まで一日中楽しめるイベントになりそう。

みなさま、どうぞ今から予定を空けておいてくださいね。

Instagram / Facebook / WEB SITE

「 なちゅみが販売スタートしました 」


 

2016.06.08

デザインでお手伝いしている完全無添加ソーセージなちゅみ、

本日より山鹿のRIO限定で先行販売されました。

ソーセージはスパイシーでコクがあって本当に美味。

すでに子供さんにも大好評のようです。

 

正方形のピンクのラベルは、先行販売向けとしてデザインしました。

イラストレーションは「&Premium」や「SAVVY」などのカットや

表紙も手がけられる yamyamさんにお願いしました。

通常版ラベルも、かなりかわいい仕上がりになってきています。

どうぞおたのしみに

 

yamyam / yamyamkikaku

大阪生まれのイラストレーターさんで、
yamyam KIKAKUという屋号でオリジナルグッズも制作されています。

グッズは CINRA STORE や 6c-store でもご購入いただけますよ。

 

CINRA STORE

http://store.cinra.net/artist/308075

 

6c-store

http://6c-store.shop-pro.jp

 

*写真は打ち合わせ中「TAKAMATSU NOTE」にしていただいたサイン。

 リクエストに応えて、ウサギを描いてくださいました…!

「 wisteria と 英国菓子の日 」



 

2016.04.11

先日は納品した包装紙が、wisteriaでの「英国菓子の日」イベントでデビューしました。

かわいらしいお菓子と一緒に並んでいる風景を見たときのうれしさったら。

じわじわとこみ上げるこの気持ちは、どんなに回を重ねても新鮮なままです。

美しくおいしい山折典子さんのお菓子に、ほんの少しアクセントを添えられたらいいなと願っています。

「 完全無添加ソーセージお披露目のお知らせ 」




 

2016.03.07

熊本の天然塩と無農薬黒糖、独自配合のオーガニックスパイスだけで

作った完全無添加ソーセージ なちゅみ。

やっと目指していた味が完成しました。

明日、花畑広場で行われるワインフェスで1ブースとして参加します。

私もディスプレイと販売のお手伝いをします。

 

フードは、

お茶と料理のユニットchanowaのゆかさん

・ソーセージとクレソン&ルッコラのピタパンサンド

・ソーセージとマッシュルームトマトカンパーニュのピンチョス

 

タルトとキッシュのお店 tarteletteさん

・ソーセージと新じゃがのキッシュ

・桜のチーズタルト

 

が、ならびます。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りくださいね。

「 最近のお仕事 」


 

2015.11.26

独立前からデザインをお手伝いさせていただいている、上乃裏の「tartelette タルトレット」。

熊本の季節ごとの素材をつかったタルトとキッシュは、多くの方から人気があります。

 

今回はギフトボックスと、それに合わせたメッセージカードのご依頼をうけました。

当初、カードは名刺サイズ程度でシンプルなものにしようというお話になっていました。

しかし一歩ひいて考えると、ギフトを受け取る方がお店を知っているとは限らない、

イメージをストレートに伝える効果が高いのは写真ではないか、そうであればハガキくらい

大きい方がよいのではないかという結論に至り、ご提案いたしました。

 

撮影は事前にすり合わせていたイメージ通り、店主が手際よくテーブルセッティング。

さすがのセンスで、当日スタイリングに手をいれることは殆どありませんでした…!

細かなディテールを形にできる才能が、商品にも表れているのだと改めて納得です。

 

ギフトボックスのデザインは、たくさん試作をした結果、ロゴをメインにしたものに。

tarteletteさんは、季節感を大切に丁寧なものづくりをされるお店です。

そんな雰囲気が伝わるよう印刷もきちっとしたものよりは、手仕事感のある方が

イメージが重なると考え、白の箔押しを採用しました。

 

ベースカラーは、サイズ別で色違いにしました。

並んだときに変化が出ることと、認知しやすいという機能面での意味合いもあります。

あざやかなインディゴブルーも好評のようです。

美しい箔押し・貼箱の加工をしてくださった池田紙器工業さまにも感謝いたします。

(どんなにデザインが良くても仕上げが雑だったりすると惜しいですよね…)

 

自分もお客さまも納得したものを仕上げて、さらにそれをいいね、と

エンドユーザーさまから言っていただけたときが一番うれしいです。