カテゴリ:work



2020/08/03
2020.08.02 赤い風船から、ひとくちガレット ″月とチーズ″ が発売されました。 フランス産発行バターにゴーダチーズ、そしてゲランドの塩を ほんのりきかせた、さくさくほろほろの小さなガレットです。 イラストは以前からファンで、一度だけお会いしたことのある 彦坂木版工房さんに依頼。 かわいく写実的に描いても、この佇まいある雰囲気は出せない、...
2020/07/01
2020.07.01 お茶の季節。 しゅわしゅわとろけて、ほろ苦濃厚、 季節限定の ″八女抹茶ティラミス″が 先月ついに発売されました。 北海道産マスカルポーネと抹茶クラムが のった贅沢な抹茶ケーキ。 フォンダンシリーズで一番好きかも。 自信をもっておすすめします。 フォンダンシリーズの中でも少し高級。 きらっと箔押しを効かせました。
2020/05/30
2020.05.30 くらすことのグラフィックツールが掲載されました。 空間とともに紹介されているので勉強にもなる一冊です。 福岡に来たばかりの心細かった頃、 声をかけてくれたクライアントさん。 ひともポリシーもお店も大好きです。 そんなくらすことさん。 6/2 tue. からぼちぼちと通常営業を再開されるそう。 これからの季節、名物しろくまかき氷も楽しみ。...
2020/05/16
2020.05.16 今日からスタートするはずだった 料理家 広沢京子さんの jikijiki展。 多くの方の想いが繋がり、延期となりました。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ jikijiki展 料理家 広沢京子 食のつながり▷食のひらめき 2020/10/3 sat. - 11/1 sun. at 三菱地所アルティアム http://artium.jp/exhibition/2020/20-02-jikijiki/ ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈...
2020/04/03
2020.04.03 時期時季に採れたものを 直々にお届けしたい、という思いから立ち上げた 広沢京子さんによる食のレーベル「jikijiki」。 私もメンバーの一人として、 広報・会場グラフィックをお手伝いしています。 広沢さんといえば、いろんな雑誌や著書でも有名な 人気の料理家さん。 そして企画ディレクションは、私が高校生のときから 憧れていた編集者のBOOKLUCK...
2020/03/18
2020.03.18 福岡大学建築学科の設計作品集をデザインしました。 建築は、 暮らしを調え、景色をつくり、文化をうむ。 いろんな形の建物が点在し、漂う光に 包まれているようなランドスケープ。 そんなイメージを視覚化しました。 丁寧かつ的確に導いてくださった福大の 四ヶ所先生をはじめ、まわりの方々のおかげで、 最後までこだわって制作することができました。...
2019/11/23
2019.11.23 プロとして自由に働きたい個人と、それらを積極的に取り入れ、 新しい価値を生み出す企業。そのサポートをしているのがWarisです。 「たおやか × 知的 × Free」というキーワードを設定し、 コーポレートイメージ刷新のお手伝いをしました。 のびのびとクリエイティブの海を泳がせてくれた 富田さん、...
2019/11/21
2019.11.21 幼い頃は、胸が張り裂けるほどクリスマスが大好きだった。 年を重ねることでポジションは変わってゆくけれど、 今でも切なくしあわせな思い出が蘇る。 そんな背景をとじ込めた今年のテーマは、 ノスタルジック・ファンタジー。 ───────────── 待ち遠しかった12月。 あの頃も今も〈特別な日〉は、 街も人も輝きに満ちている。...
2019/10/11
2019.10.11 mio camino AMAKUSA - 上天草市観光交流拠点施設。 8日に落成式があり、私も建築を手掛けられた高木先生の一員として参加しました。 初めてたずさわった公共建築がついに巣立っていった。 シンボルマークは、一帯をとりまく交流の場をイメージ。 海側から見た建物と橋、吹き出しをモチーフにしました。 海に面し、風が吹き抜けるこの場所は...
2019/07/18
2019.07.18 長崎佐世保の洋菓子店〈赤い風船〉。 フォンダンフロマージュの発売からちょうど1年。 リリースはこちらが先になったけれど、最初にご依頼いただいたのはロゴのリニューアルでした。 昨年末にほぼ完成していたものの、4月の記念菓子発売のタイミングに合わせて刷新。...

さらに表示する