「 掲載|週間包装タイムス 9月5日号 」


2022.09.10

パッケージ業界の専門紙〈週刊包装タイムス〉。
九州ADCアワードで目にしたという記者の方より
〈FUKUOKA CURRY シリーズ〉について取材依頼がありました。

 

デザイン完成までのプロセスをお話しています。

パッケージ専門の出版社のかたに取材いただけて貴重な機会でした。
商品の認知度がさらに上がったらうれしく思います。


▽ 週刊包装タイムス 9月5日号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680585/b/2295212/

 

「 夏季休業のお知らせ 」


2022.07.27

みずうみデザイン室は、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022. 8. 10(水)~2022. 8. 15(月)

 

期間中にいただいた「お問い合わせ」につきましては、8月16日(火)以降に順次ご対応いたします。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

「 入選|日本パッケージデザイン大賞2023 」


 2022.07.21

年に一度の「日本パッケージデザイン大賞」。
みずうみデザイン室の作品は、3点が入選しました。


・デルモンテ・アジア/イワシ缶〈食品〉
・月や/ラーメンギフトセット〈食品〉
・Dua/ONLINE 発送用BOX〈輸送用ケース〉


https://www.jpda.or.jp/news/4418.html


出品者なので、みずうみデザイン室の名前になっていますが
クライアントはじめ、一緒につくってきた制作者みんなで
とった賞だと思っています。


普段はデザイン評価よりも、まずは成果を出せるようにと
取組んでいますが、こうした結果はそれはそれで嬉しいものです。


今後も初心と謙虚さを忘れず、精進してゆきます。
このような機会に恵まれたことを心より感謝します。

 

-

 

▽出品番号順

Client:Del Monte Asia Pte Ltd.

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Illustration: 松永 健志

香港などで販売されているイワシ缶。波打つ海を生き生きと泳ぐイワシやそれぞれのフレーバーを表すイラストで美味しさを表現した。

白を背景に用いた、余白を生かしたデザインにすることで日本製の上質感をアピールし、海外の缶詰売り場で目を引くデザインであることを意識した。

Client:株式会社キヨトク

Art Direction:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Design濱田 佳世(みずうみデザイン室), くらもとこ
Photo山中 慎太郎(Qsyum!

人気ラーメン店「月や」のお土産パッケージ。白をベースに豚そばを大きく俯瞰でレイアウト。

特徴である透明感あるスープを訴求しながら売り場で目立つようシンプルなデザインにした。

商品写真とそばをイメージしたストライプの部分にニス加工を施すことでシズル感を生み出し、サイドに唐草模様をあしらって店舗オリジナルの器の柄を印象づけた。

 

Client:株式会社Dua

Art Direction / Design:濱田 佳世(みずうみデザイン室)

Illustration杉本 さなえ

アクセサリーパーツ店 Dua ONLINE 発送用BOX。イラストでDuaの持つ御伽話のような世界観を表現。

グレーの段ボール紙は粗悪などのマイナスイメージもあるが、色数を絞ってデザインすることで上品さを引き出した。

デザインを損ねないように発送ラベルは裏面に貼ることにし、フレキソ印刷でも印象が変わらぬよう線幅を調整した。

「 デルモンテいわし缶・スーパーブランドアワード受賞 」


2022.07.02
デザインをした「デルモンテいわし缶」が

″トップ100スーパーブランドアワード2021″ を

受賞したそうです。おめでとうございます。

そして、販売は、中国からシンガポールにも。
人気のようでうれしいです!
いつか情勢が落ち着いたら、旅行がてら売り場を見に行ってみたいな。



Repost instagram @delmonte_hk

【地捫蟬聯百佳超卓品牌大賞2021🏆】
過去一年有賴大家💪,地捫先可以延續往年佳績,繼續榮獲【至尊家庭品牌🥇】及【星級超市品牌(罐頭食品)🥇】兩項殊榮。地捫在此衷心感謝大家嘅支持💖,地捫會繼續努力,為香港人提供優質健康嘅包裝食品!!
[トップ100スーパーブランドアワード2021🏆】を受賞しました。]
皆様の💪のおかげで、昨年に引き続き、「トップファミリーブランド🥇」と「スタースーパーマーケットブランド(缶詰)🥇」を受賞することができました。 皆様のご支援に感謝申し上げます💖 これからも香港の皆様に高品質で健康的なパッケージ食品をお届けできるよう、努力してまいります!

「 4代目歯医者さんの移転と開院 」



2022.06.03

人生100年時代の、かかりつけ歯医者さん。

 

カフェに行くような感覚で、歯のメンテナンスを気軽にできたら。
そんな想いから、開業100年の歴史をもつ「古賀歯科医院」は生まれ変わりました。
ロゴとカード類の予定が、サインやWEBもお手伝いすることになり、
空間全体に世界観を落とし込むことができました。

受け取ったバトンを手にし、
先生ご夫婦と3代目院長であったお父様の3人で移転・開院しました。
雨の地鎮祭、雪の上棟、引き渡しも雨でしたが、
開院日は一日中、お天気に恵まれました。
この日を迎えられて私も心からうれしく思います。
ロゴと建物が、信頼とともに愛されていきますように。
こが歯科医院
佐賀県唐津市菜畑3235-1
Art Direction , Design , WEB:Kayo Hamada
Client:Koga Dental Clinic

今月、熊本に「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」がやってきます


2022.05.14

現在、福岡市美術館でも開催されている「つづく展」(〜6/19)。

 

熊本では同時期に、Ecru et pousse 特別企画として

ミナ ペルホネン〈熊のないしょ話〉」が開催されます。

 

現在minäの商品はごく限られた店舗と直営店でしか触れることはできないため、貴重な機会。

テキスタイルから物語を紡いだ洋服は特別な存在感があります。

昨日公開のwebマガジン 〜 暮らしとおしゃれの編集室 〜 にもイベント情報が掲載されていました。

 

よければぜひ、ご覧くださいね。

https://kurashi-to-oshare.jp/going/149036/


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


ミナ ペルホネン〈熊のないしょ話〉

   
Ecru et pousse 10周年特別企画 " minä perhonen〈熊の本音〉" からあっという間に1年4ヶ月の月日が流れました。

緑がまぶしい季節に、再びあの空間が早川倉庫にかえってきます。

minä perhonen の限定アイテムの販売に加え、アーカイブの洋服 & バッグ、小物などさまざまなアイテムがならぶ10日間。

陶芸家 石原 稔久さんの作品も展示販売されます。

日替わりで九州内外から大人気の飲食店が参加するマルシェやワークショップもあります。

ご来場お待ちしております。


[ 期間 ]
2022 / 5 / 27 Fri. - 6 / 5 Sun.
初日のみ要予約 10:00 - 21:00
ミナ ペルホネンデザイナー 皆川明氏 在店

*他 12:00 - 18:00


[ 場所 ]
at 早川倉庫 熊本市中央区万町2-4


[ 入場料 ]
1,000 yen

 

〈熊のないしょ話〉イベント特設サイト

https://ecru-et-pousse.hp.peraichi.com/event

 


Photo : 穴見春樹

Graphic Design:みずうみデザイン室

「 掲載|ソトコト2022年5月号〈地域をつくるローカルデザイン集〉 」


2022.04.08

未来をつくるSDGsマガジン「ソトコト」に掲載されました。

ふだんデザインをするうえで、影響をうけている本を紹介しています。
悩みに悩んだ、お気に入りの5冊です。

 

▽ WEB版

https://sotokoto-online.jp/sustainability/13783


ソトコトでLOHASという言葉を最初に知ったと思います。
(当時のLOHASカラーの表紙も、はっきり覚えてる)

今回の特集では、
地図デザイナーや書体デザイナー、WEBディレクターなど15名の選書が紹介されています。

丁寧に編集されている、すてきな雑誌なのでご覧いただけたらうれしいです。

▽ ソトコトONLINE SHOP
https://sotokoto-online.stores.jp

 

 


「 ソルティすいか&ライチ」

2022.03.25

デザインさせていただいた棒ジュース、
「ソルティすいか&ライチ」が発売されました。
夏にぴったり、お塩をひとつまみ、スッキリした後味です。
大人も子どもも楽しめる棒ジュース。

 

パッケージデザインは、
シロクマ親子 / ペンギン3兄弟の
2バリエーションの展開です。

 

ロゴタイプは、さっさっ、と一発描きしました。

どこかで見かけたらお手にとって見てみてくださいね。

 

Art Direction , Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)
Illustration:濱田佳世(みずうみデザイン室), くらもとこ
Client:光武製菓株式会社

 

「 人生は、働くことと 暮らすことでできている。」

2022.03.02

東京 → 九州への移住・転職に特化したWEBサービス
〈Kyu-syoku〉のロゴを制作しました。

 

メインのキャッチコピーがとても好きです。

「人生は、働くことと 暮らすことでできている。」

 

社会に出たての私は、無知で未熟で夢見がち。

だけど与えられたことは、どんなことでもベストを尽くしたかった。

自分の存在をみつけることができたのが、デザインだったからかもしれない。

いつの間にか、仕事が大好きで、暮らしのリソースもすべて仕事につぎ込んでしまうようになり

そこは反省もあるものの、でもやっぱり仕事をしていないと私じゃないような。

「働くこと」で成長してきた自分にとって、いろいろと共感できる学びの多いお仕事でした。

 

とてもあたたかく真摯なクライアント、リクパーさん。
これからも魅力ある人々が創出されるよう心から応援しています。

 

Concept

「場づくり・HOME」をイメージした、ゆったりと広がる楕円。
その支柱は、しっかりと支え応援するリクパーの精神と飛躍を表しています。
2つのオブジェクトを重ね、九州の「9」を掛け合わせたマークをデザインしました。

https://kyu-syoku.jp

Art Direction , Design:濱田佳世(みずうみデザイン室)
Logotype Design:濱田佳世(みずうみデザイン室), 川原勇飛(東京造形大3年)
Client:リクルーティング・パートナーズ株式会社

 

「 クリエイター100人からの年賀状 展 」


2022.01.29

竹尾といえば紙の世界の
国内トップメーカー。(と言っていいと思う)

昨年につづき2回目の参加です。
わたしは静かなみずうみと、スワンの年賀状を
制作しました。

湖面のきらめきをイメージした青みがかったシルバーと

「22」をモチーフとしたスワンが穏やかに進んでいるデザイン。

2022年は法人化してから、1期目にあたることもあり

いろいろとチャレンジの年になりそうですが、

得意の柔軟さをいかして、しなやかに乗り越えていけたら…と。
そんなことを考えながら制作しました。


展示会場には、美しかったり、たのしい作品が集まってました。
そして今回、なんといってもメインビジュアルがかわいすぎる!

ハンマートン プラチナホワイトに6色印刷だと会場でうかがいました。
(通常の4色カラーにシルバーと蛍光オレンジをプラス)
210kgを2枚貼り合わせた厚い紙。
手ざわりと発色が最高です。

こんなに長くデザインにたずさわっているのに、
まだまだときめくもの、いっぱいあるんだなぁ。

DMは会場で配布されています。

AD・デザインはDODO DESIGN、イラストは藤井ちひろさん。

──────────────────

「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.17
2022年1月20日|木|―2月28日|月|

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20220120.html

福岡見本帖
福岡市博多区豊1-9-20(福岡支店内)
土日祝/休 9:00-17:30

 

「 Rotti と Marsica 」


2022.01.24

日頃からデザインを担当させていただいている〈小さな手芸店 Rotti
1/20から1/30まで、4周年のアニバーサリーイベントを開催中です。

4周年のノベルティとして、
Rottiのロゴを手がけられた杉本さなえさんと
みずうみデザイン室がコラボした〈Marsica〉の
シール付き便箋が配られています。

また、博多駅コンコースのショーウィンドウを、オーナーの
みゆきさんと一緒につくりました。

白い木彫りの鳥がぶらさがっています。

4年前、当時おおきなお腹だったみゆきさんと一緒に
飾りつけたことが懐かしいです。

1/30までディスプレイされていますので
博多駅に行く機会があれば、ぜひ寄ってみてくださいね。

──────────────────

小さな手芸店 Rotti ┆ ロッティ
Rotti 4th Anniveisaire

2022.1.20 thu - 1.30 sun
10:00〜20:00

福岡市博多区博多駅中央街1-1
アミュプラザ博多 8F

「 いちごの日 」

Photo : Kiyoshi Nakamura

2022.01.08

「またみんなで何かしよう」と
名残惜しく解散した一昨年〈 料理家 広沢京子 食のつながり ▷ 食のひらめき jikijiki展 〉。

こうして、また一つの事象として交われたことを
うれしく思います。

「いちごは人をしあわせにするね!」と
感想をくれた友人がいて、
あぁそうだ、最初にデザインするときに
いちごのもつ絶対的なかわいらしさや、
フルーツの姫的な存在感を表現したいと
思っていたんだった。

1/5(いちごの日)、無事にオープンを見届けることができ、
今は少しほっとしています。

オーナー・平田さんのいちごのお師匠(90歳!)も
駆けつけてくださり、神々しいオーラに
居合わせたみんなが圧倒されてしまいました。
いろんな方の想いをたくさん受け取って、
スタートするのだなと感慨深かったです。

WEBも公開されています。
糸島に行った際には、平田さんのつくった
完熟いちごをぜひ。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
つみたていちごの直売所|スロウベリー・ストロベリー
https://www.slowberry.net/
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

京子さんとゆかさんにレシピを考えていただいた
スムージーとスイーツも絶品です。
スイーツは数が少ないので午前中がおすすめ。
よろしくお願いします*



◯ ドリンクレシピ
広沢京子(COOKLUCK)

◯ スイーツレシピ
高山由佳(yuka takayama)

◯ 内装・設計
大淵誠(GO! design factory.Inc)

◯ イメージイラスト
杉本さなえ

◯ イメージビジュアルと写真
中村紀世志(STUDIO YETI)

◯ ネーミングとコピー
山村光春(BOOKLUCK)

◯ ロゴデザイン
濱田佳世 + 川原勇飛(東京造形大3年)

◯ 全体のディレクション・デザイン・WEB
濱田佳世(みずうみデザイン室)

◯ 箱の製作
池田紙器工業

◯ クライアント
slowberry strawberry


WORK
BRANDING
NAMING
PACKAGE

LOGO
GRAPHIC
WEB